2013年10月08日

生活保護受給者と街金

生活保護受給者と言えば、貯金や資産がなく、お金を貸しても恐らく返済が望めない人という事で貸金業者は融資しないでしょうが、違法業者はそうは考えません

逆に安定した収入があるおいしい客だと考えています。

元々違法営業なので法律で融資方法を限られる事はなく、生活保護受給者カードを担保としてお金を貸し、逃げられないようにしておけば、夜逃げされるリスクもなく、毎月国から支給される生活保護を借金の利子として徴収できるので、違法業者からしてみれば受給者は格好のカモなのだ。

また生活保護受給者の中にはパチンコなどのギャンブルを行う人間もそれなりに居るので、ギャンブルと親和性の高い違法営業の街金にお金を借りに行く受給者も多いそうです。

街金と手を切るなら
ひとりで悩まずご相談ください「アヴァンス法務事務所」
posted by znpr89np6 at 15:39| Comment(0) | 街金の手口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

ヤミ金・街金の主流の手口

昨今では金融業者とは名前ばかりで、実際には貸金業ですらない業者が増えています。

金融は、お金を貸し付けて、利子をつけて返して貰う事によって儲けを出しています。

違法業者は法外な高金利で貸し付けているからかなりの儲けが出そうなものですが、一般の貸金業者が貸さない相手に商売しているので、必ずしも回収できるわけではなく、回収できなかった分のお金は店長などが自ら負担しなければならないのでリスクが付きまといます。

業者はそのリスクを回避する為に、貸さずにお金を巻き上げる方法にシフトしているようです。

業者の取立てで使う「脅し」の手法で、ありもしない借金を払えと言われて思わず払ってしまうケースが多いそうです。

もし心当たりのない借金で業者より頻繁に連絡来るようでしたら、弁護士に相談してみてください

取立てに悩まされている方に
ひとりで悩まずご相談ください「アヴァンス法務事務所」
「違法な取り立てからあなたを守ります」ヤミ金対応の『ジャパンネット法務事務所』
posted by znpr89np6 at 12:19| Comment(0) | 街金の手口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

業者から電話がかかってきたら

取立ての電話がきても電話に出ず、電話番号を変えることが一番です。

一度連絡を取ってしまうと、しつこく取り立ての電話をかけてくる可能性が高いです。

固定電話の場合、番号の変更は支障が大きいので、NTTに迷惑電話を防止する手続というものがあるので手続きすると良いかもしれません。

迷惑電話として登録する番号数が6件以下であれば月額630円、30件以下であれば月額735円であり、このほか工事費2100円は必要。、また料金も変動することはあるのでチェックが必要です。

違法街金業者からの請求が1か月以上続くことはあまりない。

もちろん、しつこいようなら2か月続ける。この具体的な申込方法については、NTTの管轄があるので116番に電話して聞く。

あとは違法な貸金の案件に詳しい弁護士や司法書士に相談することが必要です。

自分で交渉しようと考えないでください

もし街金でトラブルにあったら
ひとりで悩まずご相談ください「アヴァンス法務事務所」
posted by znpr89np6 at 17:42| Comment(0) | 街金の手口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。